たのしいね、

好きなものぜんぶ書く。

甘味大好き 『さぼリーマン 飴谷甘太郎』

f:id:tokyonakayoshi:20170803001741j:plain

kindleセールが大好きなまことです。

どんなもの?

甘味が大好きなサラリーマンが、営業先に合わせた甘味を食うだけのマンガ。

たのしいね!

最近、食マンガが乱立してますね。
このマンガもその1つです。

食マンガにおいて僕が読み続けるモチベーションを保つには、2つの要素のどちらかが必要です。

1,そのマンガに出てくる食べ物が実際に食べられるものである
(買える、食べに行ける、作れる)

2,なんだかとにかくよくわからないけど、美味しそう。
(なんだかよくわかんないけど)

どちらかが満たされるときに「あ、このマンガ読み続けよ」と思います。
この作品では、東京の甘味処が多く描かれているので「よし、あの店行ってみよう」となります。

銀座の高級店は食事にはハードル高いですが、甘味ならそこそこの価格で味わえそうなのがいいですね。

 

f:id:tokyonakayoshi:20170728181003j:plain

この記事を書いたのは、まこと

 

タグ
#モーニング
#萩原天晴
#サボりじゃないと思うんだけど
#営業中に甘味くらい食べるでしょ
#謎の味表現系
#Kindleセール

 

サボリーマンをプロに鍛えた、エリート上司たちのお説教12選

サボリーマンをプロに鍛えた、エリート上司たちのお説教12選

 
続サボリーマンですが、何か? 全6種セット ガチャガチャ