たのしいね、

好きなものぜんぶ書く。

ソフィア・ブテラちゃんかわいい日記 『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』

f:id:tokyonakayoshi:20170801200246j:plain

ソフィア・ブテラちゃんもハムナプトラも大好きなので書きました。

予告映像程度のネタバレしかないからよろしくね。

 

どんなもの?

『ザ・マミー』はトム・クルーズがまたがんばる映画。
マミーはミイラって意味なので、ミイラが出てくる。
もしかしたらジャンルでいうとホラー。

f:id:tokyonakayoshi:20170801234351j:plain

 

たださえ『ハムナプトラ』のリメイクといわれたら、観に行かないのは難しい。

そんでもってこの映画を皮切りに、アベンジャーズのMARVELユニバースとか、バットマンのDCユニバースみたいに、ダークユニバースと銘打って、これからじゃんじゃんダークファンタジーな映画をやるとも聴いた。

f:id:tokyonakayoshi:20170801223212j:plain

 

それってマーベルでいったら、アイアンマンみたいな位置づけなわけじゃない?
DCで言ったら、マン・オブ・スティールじゃない?
うーんやっぱ観ないわけにはいかないんじゃない?
どっちも大好き。

あとさ、なんといってもさ、敵役のミイラ王女はソフィ・アブテラちゃんなんだって。
観るよね観ました。

 

たのしいね!

話を続ける前にいちおう確認なんだけど、ソフィア・ブテラちゃんって知ってるよね?

f:id:tokyonakayoshi:20170801223119j:plain

 

オーケイ分かった、この姿を見せればピンとくるよねもちろん。

f:id:tokyonakayoshi:20170801223451j:plain

 

そうでしょうそうでしょう、なんといってもこの姿も外せません。

f:id:tokyonakayoshi:20170801223744j:plain

 

キングスマンのガゼルまじ最高かっこよかったよね~。

f:id:tokyonakayoshi:20170801224530j:plain

 

で、なんの話だったっけ。
そうそう、マミーねマミー。

f:id:tokyonakayoshi:20170801231235j:plain

 

マミーは、全編が大ピンチのスペクタクルムービー。

f:id:tokyonakayoshi:20170801225031j:plain

 

トム・クルーズじゃなかったら死んでたねっていう場面の連続です。

f:id:tokyonakayoshi:20170801230342j:plain

 

どうするどうなるトム・クルーズ

f:id:tokyonakayoshi:20170801225129j:plain

 

旧ハムナプトラシリーズのファンに向けた感じのシーンはやっぱこれかな。

f:id:tokyonakayoshi:20170801230432j:plain

砂嵐が顔の形で迫ってくるやつ。
観た当時はついにこんなん撮れるようになったの!?ってド肝を抜かれたもんです私は。

 

回想シーンのエジプトの王様なんか、メイクのせいでしょうか。

f:id:tokyonakayoshi:20170801230542j:plain

私には旧シリーズのあの人に見えちゃう。
いつ「アナクスナムン!」って叫ぶのかなと思いながら観てたよね。

 

ブレンダン・フレイザーが出てこないのは寂しかったけど。
代わりと言ってはなんですが、ラッセル・クロウが出てくるのも見どころだよね。

f:id:tokyonakayoshi:20170801231634j:plain

ラッセル・クロウを久しぶりに観た気がするし、思っていたよりちゃんと出番もあってよかった。

 

あと、本作のヒロインはソフィア・ブテラちゃんだとばかり思い込んでいた私ですが。

f:id:tokyonakayoshi:20170801233812j:plain

本作の正ヒロインと思しきポジションには、アナベル・ウォーリスさん演じるところの考古学者が配備されていました。


シーンをまたいでもまたいでも、全然いなくならないから、もしかしてあなた、モブじゃなかったの!って、これまたびっくりしちゃった。

f:id:tokyonakayoshi:20170801233222j:plain

いわれてみればとってもかわいいね。

 

そんなこんなでとっても楽しい映画だよ。

f:id:tokyonakayoshi:20170801231003j:plain

みんな観てね。

 

じゃ、ソフィア・ブテラちゃんの話に戻ります。

f:id:tokyonakayoshi:20170801232811j:plain

 

本作ではメインの敵役、邦題サブタイトルで語られたところの「呪われた砂漠の王女」として、トム・クルーズと戦います。

f:id:tokyonakayoshi:20170801233609j:plain

トムの相手どころか「世界は私のものよ」って勢い。

 

ただこれはもう、本当にざんねんだと言わざるを得ないんだけど。
この映画のソフィブーは、棺の中の干物からスタートするので。

f:id:tokyonakayoshi:20170801235428j:plain

 

あんまり生き生きした姿は観られないんだよね。
ぎりぎり半生って感じ。

f:id:tokyonakayoshi:20170801235516j:plain

人外のソフィブーもそりゃまあ素敵なんだけどさ。

f:id:tokyonakayoshi:20170801235844j:plain

 

我慢させられる分、生前の回想シーンのソフィブー最高だから。

f:id:tokyonakayoshi:20170802000055j:plain

 

楽しみにしててくれよな。

f:id:tokyonakayoshi:20170802001231j:plain

 

わざわざここまで読んでくれて、ありがとよ。

f:id:tokyonakayoshi:20170802000249j:plain

 

ところで、これまたまたびっくりしたことなんだけど。
ソフィア・ブテラちゃんはアナベル・ウォーリスより歳上だし、
トム・クルーズラッセル・クロウより歳上なんだよね。
人生いろいろだね。

次のソフィブー?
シャリーズ・セロン主演の『アトミックブロンド』で観られるらしい。
この秋公開、乞うご期待!

 

f:id:tokyonakayoshi:20170729145145j:plain

「8月は忙しくなりそう。
だって観たい映画が多すぎる!」
なかよし

 

# The MUMMY
# Sofia Boutella

 

 

20年後の『メン・イン・ブラック』

f:id:tokyonakayoshi:20170731155951j:plain

1997年アメリカ発。
もはやレトロのジャンルに足を踏み入れつつあるSF映画です。

最近テレビでやってたのを観たと聞き、どんなものだったかな~と思って、配信で観ました。

 

どんなもの?

とっくにベテランのトミー・リー・ジョーンズと、まだまだ若造のウィル・スミスは、謎の組織MIBのエージェント。

地球の平和を守るためにがんばる1作目。

f:id:tokyonakayoshi:20170731163434j:plain

 

たのしいね!

なんにしたってメン・イン・ブラックはいい映画に決まってますよね。

知っているつもりの映画ではあるものの、特に熱心に見直した記憶もないので、たぶん前に観たのはほぼリアルタイムの頃ではなかったかと思う。きっとレンタルのDVDで観たんじゃないかという気がする。

ひさしぶりに観た印象は、ほとんど前回を覚えてないので比較にならないんだけど、やっぱりずいぶんよくできていたんだなって。

私はテンポもいい映画も冗長な映画もそれぞれ好きなところがあるんだけど、このメン・イン・ブラックはそこそこテンポよく、そこそこ冗長。話も場面もころころ進むけど、特に重要でなさそうなことがたくさん行われる。

f:id:tokyonakayoshi:20170731162003j:plain

用語などの当時ネタは当然ながら、そういう余った力の使い方や洗練の度合いそのものに、90年代って感じを覚える。とてもよい。

せっかく見直したので、記憶が新しいうちにいくつか個人的な見どころも紹介したい。

 

①まるで覚えていないタイトルバック。

f:id:tokyonakayoshi:20170731160646j:plain

オープニングで流れてちょっとびっくりした。
こんな雰囲気の映画だったっけ??

なんかMIBとかのイニシャルのかっこいい系のロゴだったような???

なおこの背景では延々とトンボが飛び回っており、カメラもずっとそれを追いますが、映画本編にトンボはぜんぜん関係なさそうでした。

 

②登場10秒で記憶を消される女医

f:id:tokyonakayoshi:20170731160943j:plain

検視官のローレルがしっかり登場するのは中盤になってからなんだけど、その前にわりと冒頭に顔見せしてた、けど直後にピカッされてた。

もしかして?と思って観終わってから確認したらそうだった。結構ちゃんと顔見せてるのに、他の警官モブとかも顔出ししてるシーンなせいなのかわりと見逃しがちではと思う。みんなは気がついてた?

私は基本的に注意散漫なので気が付きませんでした。そんでもって2作目3作目を観てないような気がしてきた。このあと彼女がどうなるのかはちょっと楽しみにしてる。出てくるのかな。

 

③あっジャージャービンクス!

f:id:tokyonakayoshi:20170731161706j:plain

スターウォーズで初めてジャージャービンクスを観たときに、こいつ前からいたよね??って気持ちで眺めてたんですけど、ここにいた!

既視感の答えにたどり着けてうれしい。

 

④「常識なんてはかないものさ」

f:id:tokyonakayoshi:20170731162253j:plain

この映画でシリアスなシーンなんかほとんどないんだけど、唯一あげるとすればトミーリージョーンズ演じるところのKによる長台詞のこのシーン。

― 1500年前、地球は宇宙の中心と考えられていた。
500年前まで地球は平ら。
15分前まで君は宇宙人を信じていなかった。
常識なんて、はかないものさ ―

私自身、地球は丸いとそりゃ思ってはいるけど、自分の目で観たわけではないので、明日なさが「うっそぴょーん」という発表をしても別にびっくりしないで、あ、そうなんだ、くらいで済まそうというスタンスでいようと思っている。

そういうのって複合的な経験から得たそこそこ自分ならではの哲学みたいに思ってるけど、案外こういう覚えてもいないような映画なんかのちょっとしたシーンみたいなものに、直接がっつり感化されているだけなのかもしれないなあとも思う。

 

⑤実はエイリアンなひとたち

f:id:tokyonakayoshi:20170731163234j:plain
トラボルタとかシルベスタスタローンに見えるけどよく似ているだけでしょうたぶん。

 

すこし無粋な話にもなってしまうけど。

メンインブラックでは、模型などを使った特殊撮影の合成とともに、かなり一般的になってきたCGも駆使されている。ただし20年前のCGだ。今の目で見ればチグハグに見えてしまうところはどうしてもある。
舞台として未来を映画いているわけではないけれども、ディスプレイがブラウン管だったりケータイが折りたたみだったり、最先端のテクノロジーがCDの延長だったりする。
きっと古典にはなりえないけれども、振り返るように観てみれば、懐かしさや古くささを感じて、そういうところが良くて、ほっこりしてしまう。

f:id:tokyonakayoshi:20170731175038j:plain

最近の映画を映画館で観ているのと比較すると、映画ってほんと進化してるんだなあと感じる。

そんなこといってたって、今の映画も20年も経ってからみれば古臭さを感じてほっこりするのだろう。

そう考えると20年後に見直すのもなかなか楽しみだなと思った。

 

f:id:tokyonakayoshi:20170717155123j:plain

観た人 なかよし。

 

メン・イン・ブラック トリロジー Blu-ray BOX

メン・イン・ブラック トリロジー Blu-ray BOX

 

 

『パワーレンジャー』 オタクじゃないあなたも楽しめる青春ヒーロームービー

f:id:tokyonakayoshi:20170719073549j:plain

「オタクじゃない人でもしっかり楽しめる、スーパー戦隊映画」って、想像したことありますか?

私はなかったです。

でもそれはここにありました。

どんなもの?

毎週日曜の日本の朝に、悪と戦いを繰り広げている特撮ヒーローたち。
アメリカのサバンおじさんの熱意で輸出され、20年以上のあいだ世界中で親しまれるようになりました。

日曜朝のアクションヒーローというのは主に、日本の会社の東映さんが手がけているんですが。そこにやってきたサバンおじさんの交渉エピソードは有名で。
版権の買い付けに日本を訪れた際、東映の人たちに「アメリカでウケるとは思えない」と断られそうになったサヴァンさん。
その場で番組オープニングテーマを何曲も歌って見せ、本気で好きなんですよっていう気持ちを伝えたんだとか。めでたく契約成立。

パワーレンジャー」と名付けられた一連のシリーズは、その後サヴァンさんの手を離れ一度はディズニーの版権になったり、またサヴァンさんの会社が買い戻したりという、紆余曲折な大人のドラマなどもありまして。

このたびめでたく、20年ぶりの映画化が、大規模な予算を得て実現。
先週末から、いよいよ日本でも公開が始まりました。

本作の主人公は、アメリカの「しょぼい街」でくすぶる5人の高校生。
採石場的なところで偶然運命をともにすることになり、街と地球の生命を守るため、力を合わせて戦います。

たのしいね!

普通に楽しい映画だった!びっくり。
こういう評を観かけましたが、そのとおりでした。すごくよかった。

平素はほとんど特撮をたしなまない私ですが。

ハリウッドさんがわざわざがっつり作ってくださると聞いて、お礼かたがた観に行かないとな~と思って、ずいぶん前から楽しみにしていました。

ちなみに私は、観ると決めた映画は、予告編も含めて事前の情報をなるべく一切目に耳にしないようにして生きていくタイプのスタイルで臨みます。
なので今作も、当日劇場で観るまでほとんど何も知らないままでした。

さていざ公開が始まってみると、どこの映画館でもやっている、というような規模ではないみたいだし、いったって戦隊モノだし、まあまあそういう層に向けたオタクムービーなんだろうな、という印象です。
私は「楽しみにはするけれども期待しない」というアンビバレントな覚悟を固めました。

で、それでもまあちゃんと観てきました。

そしたら、いやー、ほんとにびっくりしました。
特撮モノを題材にしても、こういうふうに仕上げられるんですね~。

そりゃヒーロー物だから、多少のアクションシーンはあるし、変身するし、ロボに乗るけど。
そこがメインではまったくなかったんです。

メインじゃないというか、はっきりいうと、想像するようなしっかりとした形の、変身シーンは、ありません。ロボの合体シーンも、ありません。

意図的に慎重に、そういう選択をしたのだな、と感じるくらいでした。
だからもし、そういうものを観るために観に行ったら、ちょっと物足りないのかもしれません。

なぜそういうシーンがないのかといえば、主人公である彼らは、変身ヒーローになるということや、それによって何ができるのかということを、本作の中で観客と一緒に初めて体験するからです。

初めてなのに、名乗ったり、見せたり、できっこないですよね?
「え、それって何?」「え、それってどうやるの?」「え、こういうふうにっちゃうの?」っていう戸惑いが先にある感じ。
巨大ロボットを動かすときも手足ごとに担当が分かれているところなんかウケちゃう。

特撮ファンの方が観たいようなカッコイイシーンがあるとしたら、本作ではなく、本作の先にあるのでしょう。
しかもそのときは、これまで特撮に馴染みのなかった一般映画としての本作のファンも、一緒になって「待ってました!」ができるようになっているってわけです。

それって最高じゃない?

だから次回作よろしくね!!!!!!

 

この夏はこれから「トランスフォーマー」、「スパイダーマン」、「ワンダーウーマン」も控えていて、人によっては「銀魂」「ジョジョ」もあることでしょうし、ただでさえ大忙しとは思いますが。
手が回らなくなる前にぜひ、本作「パワーレンジャー」もご覧いただけたらと存じます。

こちらに本国版の予告編を置いておきますので、何卒よろしくご検討ください。

www.power-rangers.jp

f:id:tokyonakayoshi:20170717155123j:plain

なかよしな


タグ
#パワー ⚡ レンジャー
ジュウレンジャー
#ゾードン様
#ナオミスコット(ピンク)かわいい
#デイカーモントゴメリー(レッド)若い頃のロバートダウニーJrに似てる
#クリスピークリームのドーナツが食べたくなる
#ビーフステーキ
#君がブラック?
#補習ダンス
#ごめんねバンブルビー
#もっと観たい